眠りの部屋

眠りのことや寝具の疑問やケア方法など 快適な睡眠のためのヒントをご紹介します。

【必見!】不眠で、お困りの貴方へ。この3つが原因です!強力な特効薬を送ります。

【必見!】不眠で、お困りの貴方へ。この3つが原因です!強力な特効薬を送ります。

こんにちは。寝装センター渡慶の鈴木です。

暖かくなって来ましたね~。

今日は「夜、眠れない」或いは、「寝つきが悪い」この様な方に向けて原因は色々ありますが、その中でも特に3つをテーマにしてお送り致します。先ずは、これらに取り組んでみましょう。試して眠れたらお医者さんに通うこともなく、通院が長引いて負担になるなんてこともなく、お金も時間もかからず即効でストレス解消となれば良いです。

ちゃんと睡眠をとると、日中のパフォーマンスは⤴上がるし、気持ちが前向きになるし、健康にも良いといいことばかりです。

該当の方には、記事をよく読んで頂き有意義な時間にして頂ければ幸いです。

私の大好きな映画007とお送り致します。お楽しみに。

では早速、本題に移って行きます。

現・007

3大原因

大きく原因3つがあります。

それぞれの原因と、どうすれば良いか?

ムーアボンド

改善案をお示しさせて頂きます。

その1 お酒

寝つきが悪くなる様です。適量なら良いと思いますが深酒となると何により健康に悪いですね。

改善策 

酒を断つ!か、適量迄としましょう。

その2 スマホやパソコン

ブルーライトの光です。寝れなくなります。これまた寝ようという気持ちと反対のことをするのと一緒の様です。

上記アイテムを布団やベッドに持込んだら寝れなくなりますね。

改善策

スマホを布団やベッドに持ち込まない。または、電源を切る(お金持ちが実践している強力な方法です。)。

その3 ネガティブなことを考える

例.病気の自慢大会、嫌なことや不安なことを発想する等です。前向きな人と話すと楽しいですが、後ろ向きの人も一定数いる気がします。話すと気分が滅入ったり、エネルギーが奪われてしまいますね。これまた体に悪そうですし、メンタルにも悪そうです。私も寝る前に、例えば目の前にとても大きな熊が出現したと想像した場合、生死に直結しますから不安で寝れなくなります。布団に入って悶々とするのが良くないです。

改善策

  • 寝る前に嫌なことを考えない。
  • 自分の健康には最優先でお金を使いましょう。
  • ネガティブな人との付合い(飲み会)はうまく避けて、有意義な時間を優先する。

参考です。

私の場合、上記3点を意識するより、普通の敷布団やベッドマットレスに寝る方が眠れないです。普段は自分に合った体圧分散型のマットレスを使って寝ていまして、この上に寝ることで寝落ち迄の所要時間はそうですね…5分、かかっていないと思います。これが、良いマットレスに寝る効果なんです^^。凄いと思いませんか?

専門店の所見

眠れない原因は色々ありますが、先ず3つ、思い当たるものから、取り組んで見て下さい。

きっと良く眠れる様になると思っています。

まとめ

  • その1 お酒
  • その2 スマホやパソコン
  • その3 ネガティブ思考

今回は眠れない3原因のお話でしたが、体を直接預けるアイテムにも注目です。人は立ったままの姿勢で寝るのが理想の寝姿勢と言われています。特に体の90%を支える敷布団及びマットレス、次に枕選びがまさにそれです。安価な物もありますが寝心地と比例はしないんです。結局、体に合わなくて処分することになって、また布団を探し続けることになってしいます。買って10年になる物や寝心地の悪い物など、現代の布団は研究され進化しています。今使っている寝具の見直しをお勧めします。弊店では、あなたに合った寝具の無料相談を受付しています。ホームページ内のお問い合わせフォームからもOKです。是非、お問合せ頂ければと思っています。布団回りの質問もお寄せ下さい。記事にまとめて回答したいと思います。

この様に渡慶では布団のノウハウを解りやすくお伝えして行きます。

ここまで読んで頂きありがとうございます。寝ることがワクワクするそんな環境作りのお役に立てればと思っています。では、またお会いしましょう!